医者

整体師の資格を取れば人の役に立つことができる

医療に欠かせない学校選び

婦人

放射線技師は放射線を医療で扱う場合に必要な専門家であり、大きな病院には必ず在籍しています。その放射線技師を目指すには専門の学校へ進む必要があり、中でも大学は人気があります。どの大学がいいのかはネットの情報が役立つので、いろいろな面から慎重に選んでいくようにしましょう。

もっと読む

医療系の仕事に必要な資格

ドクター

気になる医療系の仕事があっても、それに必要な国家資格を知らないなら、ホームページなどで一覧として紹介されているもので調べましょう。通学期間や難易度が掲載されている一覧も多いので、将来を設計する上でとても役に立ちます。

もっと読む

人の身体を整える仕事

男女

法的には民間療法

整体師というと、身体のゆがみを整えたり不調を取り除いてくれる人で、マッサージや鍼をする人というイメージがありますが、半分は正解で半分は間違いです。整体師とは国家資格でありませんので、なんの資格を取得していない人でも「整体師」と名乗ることは違法ではありません。しかし人の身体のことをきちんと学んでいなければ整体師としての仕事は成り立ちませんから、民間の整体師としての資格を取得する必要があると言えます。整体師は医師ではありませんので病名を特定したり、医学で使用されている病名を使ってはいけません。整体師という職業は法律的には民間療法であるため、国家資格である鍼灸師や柔道整復師と同じことをやってはいけないと定められています。

学校や通信講座で学ぶ

では整体に行ったとしても効果はないのかと言えば、実際には多くの人が整体師から整体を受けることで不調の効果を実感しているのが実情です。民間の資格といえど、きちんと身体のことを学んでそれを生かすことができれば、十分に人を癒すことができる職業だと言えるのです。経験を積んでいけば自分で独立開業することもできますので、人を癒す仕事をしたい、上司や部下に縛られずに自由に仕事をしたいという人に整体師という職業は選ばれています。現在では夜間の整体師学校なども多くありますので、仕事を続けて費用をためながら、独立開業に向けて勉強を行うということもできるようになっています。通信教育で受講することもできますが、やはり実際に人の身体を触らなければわからないことがあるため、きちんと学校に通って資格を取る方が良いと言えるでしょう。

将来の仕事を決めるなら

医者

医療系の資格の一覧は、インターネットでもチェックすることができます。事前に調べておくことによって、自分がなりたい職業に対応している資格を知ることができます。学校に通うことが必要なものもありますので、確認しておきましょう。

もっと読む